So-net無料ブログ作成
検索選択

シリア渡航 パスポート返納命令のカメラマンはこの人!

シリア渡航の表明で計画がばれ、
パスポートの返納命令のカメラマン!



イスラム国による後藤健二さんと湯川遥菜さんの殺害に加え、

「今後も日本人を標的にする」

というイスラム国側の声明。


そして、ヨルダン軍パイロットのモアズ・カサスベ中尉の焼殺


シリアは残虐非道な行為を続けるイスラム国
勢力を広げるために 標的にされた国です。


英米をはじめ、ロシア、サウジ、イラン・・・戦争で疲弊して
崩壊寸前の国家・・・それがシリアだったのです。

シリア_Fotor.jpg
出典:jiji.com

イスラム国は「国家」を宣言して、領土を奪い、石油を確保。

経済的に自立した後は、インフラを整えて食料をくばり、
予防接種まで・・・。

彼らの最終目的は
カリフ制イスラム国家の建設。




外務省 シリア渡航表明にパスポート返納命令を施行


外務省は海外の邦人保護の強化のため、シリア全土の日本人に向けて
「退避勧告」を出しています。

また、いかなる目的であれシリアへの渡航は
避けるようにとも警鐘を鳴らしています。



そんななか、トルコ経由でシリア渡航を表明していた新潟住在の
50代フリーカメラマンに対して、外務省と警視庁は
パスポート返納命令を適用したと発表しました。

なお、この規定によるパスポート返納命令は、
外務省として 初めてだそうです。



この時期にわざわざシリア渡航表明して
パスポート返納命令を受けたカメラマンとは?


外務省へのシリア渡航を阻止されたフリーカメラマン・杉本祐一


杉本祐一_Fotor.jpg
出典:http://blog-imgs-74.fc2.com/

外務省にパスポート返納命令を出されたのは、
フリーカメラマンの杉本祐一氏。



今月3日、杉本祐一氏は新潟日報モアの取材に対し

「何が起きているのかを伝えるためにも、現地に行く必要がある」

と語り、今月27日から取材のためトルコ経由でのシリア渡航を
表明していました。


しかし、この何気ないシリア渡航の表明がキッカケで計画が明るみに!


7日、外務省は旅券法に基き、杉本祐一氏に対してシリア渡航の自粛を促しましたが
受けいられず、仕方なくパスポートの返納命令を施行したと発表しました。


隣国経由でのシリア渡航を公の場で表明していることで、
イスラム国によるテロの標的になる可能性が高いと判断したようです。




本日は報道の自由を侵害するものだと憤っているようですが、
あのような大きな事件があったばかりですし・・・。


ちなみに、殺害された後藤健二氏も3度シリアへの渡航を自粛するようにと
外務省から要請を受けていたようです。



パスポート返納命令を受けたということは、シリアに限らずどこの国にも
渡航が許されないとゆうことですよね?

これって報道マンにとって窮地に立たされたのと同じこと。
プロのジャーナリストにとって一種の見せしめともいえますね。


もちろん外務省側にそのような意図があったとは思えませんが、
シリア渡航を計画をする人にとっての抑止力になったことは間違いないようです。


【イスラム国の関連記事】
・湯川遥菜 後藤健二 影のズレで合成ばれた!?
・後藤健二 まばたき 解析されるメッセージ!?
・イスラム国 掃討作戦 ISISの戦闘員6000人を殺害!!
・イスラム国 日本人人質 海外の反応が意外なことに!
・イスラム国 後藤健二 音声 新声明に衝撃!!
・イスラム国 リーダー バグダディ他 今さら聞けない基礎知識
・ヨルダン軍パイロット カサスベ 焼殺動画
・シリア渡航 パスポート返納命令のカメラマンはこの人!
・アノニマス イスラム国 攻撃すると宣言
・イスラム国 エジプト人 斬首動画をテロ投稿!



【2015年のトレンド情報×ニュース 目次】にジャンプ!!

【こちらの記事もどうぞ】




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました