So-net無料ブログ作成
検索選択

ジハーディー・ジョン イスラム国の処刑人 邦人殺害犯は元ラッパー!

ジハーディー・ジョン。イスラム国の処刑人「聖戦士・ジョン」?




2月1日、イスラム過激派「イスラム国」とみられれるグループによって、
後藤健二さんが殺害されてしまったようです。


その実行犯の名前はジハーディー・ジョン。

ジハーディーとは「聖戦士」。

ジハーディー・ジョン イスラム国の処刑人


2014年、イスラム国は米国人ジャーナリストのジェームス・フォーリーさんを斬首して殺害する動画を公開しました。


その実行犯の覆面男が、特徴的な訛りのある英語を話していため英国圏のメディアは
この男をジハーディー・ジョンと名づけました。


この訛りは、マルチカルチュラル・ロンドン・イングリッシュ(多文化的ロンドン英語)、
略してMLEと呼ばれるもので、カリブ海諸国からギリシャ、アジア、アフリカなどの
影響を受けた話し方だそうです。



声紋鑑定の結果、ジェームス・フォーリーさんと後藤健二さんを
殺害した男は同一人物の可能性が高いとされます。



処刑人ジハーディー・ジョンとして最も疑わしいとされているのが、
ロンドン西部出身の元ラッパー「L Jinny」です。


本名はアブデル・マジェド・アブデル・バリー。


両親はエジプト出身。父親は国際テロ組織「アルカイダ」とつながりを
持った人物で、1998年にタンザニアとケニアでおきた米大使館爆破事件に
関与して勾留さています。


アブデル・マジェド・アブデル・バリーの暮らしぶりはよく分かっていません。
しかし、そんな中で唯一報じられているのが音楽活動です。



彼は「L Jinny」の名でラッパーとしてユーチューブなどを通して
活動していたようです。



「兄弟6人食わせなきゃなんない」

「でも奴らは俺の家族をエジプトへ送り帰そうとしてる」

「もう船酔いするぜ」


歌詞の内容は政治的な色が濃く、すさんだ生活がテーマになっていて、
BBCラジオ第1放送でも何度か流されていました。


彼の音声は保安局により詳しく分析され、フォーリーさん殺害動画と比較されました。



また、ある日のこと彼はツイッターで

「私のビデオはすべて削除してほしい。今の私はこれらすべてを拒絶している」

と投稿したそうです。


当時彼の身に何があったのかはわかりませんが、
その後の人生を左右うするほどの決心をしたんだと思われます。


イスラム国の処刑人ジハーディー・ジョンとしての生き方


ジハーディー・ジョン_Fotor.jpg
出典:i.huffpost.com/

そんなアブデル・マジェド・アブデル・バリーの選んだのが
処刑人ジハーディー・ジョンとしての生き方です。


戦場に向かうため、彼はロンドンを後にしました。


現地に入っても定期的にツイッターなどSNSの更新を行っていたようですが、
斬首した頭部とのツーショット画像の投稿によりログインを禁止されてしまいます。



そのきっかけとなった画像でアブデル・マジェドが斬首した頭部を持っていたのが左手。
このことから、彼が左利きだとことが判明しています。


そして米国人ジャーナリストのジェームス・フォーリーを斬首した
処刑人ジハーディー・ジョンのナイフも左手に持たれていました。

また、後藤健二さんの殺害の実行犯のナイフも左手にありました。


このことからも、今回の邦人2人の殺害犯が処刑人ジハーディー・ジョンの
犯行であることが指摘されています。



テロリストを父に持つ、イスラム国の処刑人ジハーディー・ジョン。

いったい彼らは何処に向かおうとしているのか?


【イスラム国の関連記事】
・湯川遥菜 後藤健二 影のズレで合成ばれた!?
・後藤健二 まばたき 解析されるメッセージ!?
・イスラム国 掃討作戦 ISISの戦闘員6000人を殺害!!
・イスラム国 日本人人質 海外の反応が意外なことに!
・イスラム国 後藤健二 音声 新声明に衝撃!!
・イスラム国 リーダー バグダディ他 今さら聞けない基礎知識
・ヨルダン軍パイロット カサスベ 焼殺動画
・シリア渡航 パスポート返納命令のカメラマンはこの人!
・アノニマス イスラム国 攻撃すると宣言
・イスラム国 エジプト人 斬首動画をテロ投稿!



【2015年のトレンド情報×ニュース 目次】にジャンプ!!

【こちらの記事もどうぞ】




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました